【CM音楽制作】バイきんぐ・小峠さんが歌唱する「TVer」CM「感無料」の音楽制作を神馬譲が担当致しました


民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」の「感無料」のCM音楽の制作・収録ディレクションを神馬譲が担当致しました。
現在、TVer特設サイト内にて特別CMが公開されております。
サイト内の3つのムービー全てのBGM・歌もの曲を担当しています。

(歌もの曲のミックスはエンジニアの「宮 吉忠」さん)

特に、歌ものテーマ曲「恋しくて感無料」の男性歌唱Verに関しては、”バイきんぐ”の小峠英二さんが「小峠JK」として歌唱しており、すでに各メディアで取り上げられ、話題になっております。

期間限定公開ですので、ぜひお見逃しなく!!

【特設サイト】

https://tver.jp/kanmuryooooo/?fbclid=IwAR0iI4HRvdpfa-z7dkPuWev6uCPtoy9HVzHqe-XUX28W1NoYvsflFYK_ai0

Youtube、オリコンニュースさんのチャンネルでは、レコーディングの様子がムービーで観る事ができます!!

小峠さんのボーカル、色々な意味で圧巻で刺激的でした!!

【関連ニュース】
「TVer(ティーバー)」のアニメーションWebCM『感無料』放映決定! バイきんぐ・小峠英二が新WebCMソングに挑戦!! “恋焦がれる小峠JK”のアニメキャラクターも初公開!!(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000051685.html

バイきんぐ小峠、セーラー服を着てCMソング歌唱「まともなセンスじゃない」(お笑いナタリー)
https://natalie.mu/owarai/news/356398


【舞台】朗読劇『マガツハナ -白雪の桜-』にて、オープニング楽曲の制作を担当しました


2019年11月2日~4日に品川六行会ホールにて公演される、朗読劇『マガツハナ -白雪の桜-』にて、オープニング楽曲の制作を神馬譲が担当致しました。

振り付けは、殺陣師・振付師で本劇に出演もされている「兼田 玲菜」さんです。


終演後に、振り付けと殺陣師・振付師で本劇に出演もされた「兼田 玲菜」さんとの記念ショット!!
とにかく殺陣の迫力が凄かったです。玲菜ちゃん凄いなぁ。

さらに続編も決定したと正式発表されまして、さらに盛り上がって行く事を期待しております!!

 

詳しい最新情報等のは下記の公式サイトにて!!

【朗読劇『マガツハナ ~白雪の桜~』公式】

http://aoboshikikaku.com/2019magatsuhana/


【ボイス収録】PS4・Switch「じんるいのみなさまへ」の、ボイス収録・編集に一部参加致しました


日本一ソフトウェア様から6月27日に発売されました
「じんるいのみなさまへ」の、ボイス収録・編集に「ペガサスアーツスタジオ」として一部参加させて頂きました。
PS4とNintendo Switchにてプレイ可能です。
CGCGスタジオの井上ジェットさん、ありがとうございました!!

「じんるいのみなさまへ」公式サイト


「GACKT-46th Birthday Concert-」のアレンジチームに参加致しました


先日、7/4にパシフィコ横浜で開催された


「GACKT 20th ANNIVERSARY -46th Birthday Concert-」にて、アレンジ制作チームに参加させて頂きました。
「7/4 Birthday Concert」系に携わらせて頂くのは、昨年のストリングスアレンジに引き続きになります。


今回はリハの全日程にも同行し、現場にて即時必要になったアレンジ対応も行いました。

連日スタジオにて早朝から深夜付近までの作業。
帰宅したら即ベッドへの日々。

本当にこの現場は、求められるレベルとスピードのハードルが高く、戦場のような日々。もっともっと努力をして、自分を磨き続けなければいけないと感覚をリセットしてくれる貴重な現場です。

(写真では笑顔ですが、現場は毎日戦争のようです)

神様、仏様、アシスタント様、という事でアシスタントさん達がいないと回らない現場です。
毎日、日替わりローテーションでアシスタントの誰かが駆けつけてくれています。
疲労困憊なはずなのに、不平不満も言わず最大限一人一人ができる限りの力でアシストしてくれます。本当に感謝。素晴らしいメンバーに恵まれています。
僕一人では決して太刀打ちができないプロジェクト。


ちなみに、新人アシスタントの「久留千尋」(画像左)は、鹿児島から上京して初めての現場で緊張の連続の中、唯一全日程に同行で、毎日食らいついて頑張ってくれました。

当日は雨でしたが、天気を吹き飛ばす熱いステージ!

こんなに素晴らしく、記念すべき1日に携わる事が出来て、本当に光栄です!!
GACKTさん、20周年そしてお誕生日本当におめでとうございます!!


【遊技機】「CR信長の野望~創造~」のテーマ曲を担当致しました


先日公式サイトが発表されました「CR信長の野望~創造~」にて、神馬譲がテーマ曲「下天の火龍」の作詞・作曲・アレンジ・レコーディングディレクションを担当致しました。

楽曲は下記PVの、54秒付近から1番サイズを聴くことができます!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【CR信長の野望~創造~ プロモーションビデオ】


ボーカルはGIGABAR TOKYOでもご活躍されている「ケニー」さん。

ギター演奏やドラムプログラミングは神馬の音楽制作プロジェクトチーム「Pegasus Arts Project」でも絶大なお力添えを頂いている、お馴染みのYOUさん、大久保さん。
Eベースはアズキボタンの新沼大典君。
素晴らしいメンバーで最高の楽曲を作ることができました。ぜひよろしくお願い致します!!

—————-
【下天の火龍】
作詞・作曲・アレンジ: 神馬譲
ボーカル: ケニー
ギター: YOU
Eベース: 新沼大典
ドラムプログラミング: 大久保晶文
—————-

【CR信長の野望 創造 公式サイト】
http://www.newgin.co.jp/pub/machine/cr_nobunaga_sozo/


「GACKT’s -45th Birthday Concert- LAST SONGS」にて、ストリングス・ピアノセクションのアレンジと、ストリングス・ピアノチームバンドマスターを担当致しました


(※集合記念写真=ゲストアーティストの皆様、YOHIOさん、K、Jon Underdownさん(YAY/ ex.Yellow Fried Chickenz)、Shinyaさん(DIR EN GREY。
バンドメンバーの皆様、Chachamaruさん、ばるさん、サトさん、YOUさん。
ストリングスチーム、高橋和葉さん、田口薫さん、青柳萌さん、平松由衣子さん
そして、神馬チームから、下智子、栗原悠希、志村絵麻)

7月4日に新木場STUDIO COASTで開催された、GACKTさんのバースデーライブ「GACKT’s -45th Birthday Concert- LAST SONGS」にて、神馬がライブ用ストリングス+ピアノアレンジと、ピアノ・ストリングスチームのバンドマスターを担当致しました。
このライブはニコニコ生放送でも配信されたようです。


アレンジャーとしては、舞台「義経秘伝」シリーズの劇伴アレンジや、 “GACKT × 東京フィルハーモニー交響楽団 第二回「華麗なるクラシックの夕べ」”のオーケストラアレンジ等々を担当させて頂きましたが、ライブの楽器セクション隊のバンマスを担当するのは初めてでしたので、とても大きなプレシャーの中、今回のライブでした。
リハーサルの全日程にガッチリ張り付いての現場は、本当に多くの経験値になり、新しい視野が広がったというか、考え方が根本的に変わりました。
現場仕事って大変ですが、やり甲斐がとてもあるものだなと再実感しました。


ストリングスは「高橋和葉ストリングスチーム」の皆様にご尽力を頂きました。
(高橋和葉さん、田口薫さん、青柳萌さん、平松由衣子さん)


トップの高橋和葉さんは、昨年神馬公式HPの演奏家募集からご応募頂いた事がきっかけで、今回の演奏を依頼する展開に繋がりました。
まさにプロとしての素晴らしい仕事をして頂き、現場にて、たくさんの助けを頂きました。


神馬チームとして、アシスタントの「下 智子」「栗原悠希」「志村絵麻」にも、絶大なるアシストをして頂きました。
栗原悠希はさらにライブ本番のピアノ演奏も担当しております。1人2役本当にお疲れ様です。


特にシモ先生は名古屋から上京したばかりというこのタイミングで、見事に神馬チームの即戦力として活躍頂きました。


常に三人全員がフル稼働で、この三人がいなかったら今回アレンジャーとバンマスの2役をこなす事は不可能だったと思います。他にもご協力頂いた方々にも感謝を申し上げます。

GACKTさん、お誕生日おめでとうございます!!

【GACKT、45歳のバースデーライブに豪華ゲスト続々 「ボクが最期に歌いたい曲を」】
https://www.excite.co.jp/News/music/20180705/E1530776936246.html

【金爆・鬼龍院翔、GACKTへの「お世話になっています」に込められた深い意味】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00062876-etalent-musi


第19回「ハンブルク日本映画祭」に参加致します


2018年5月23日から27日までの期間、ドイツのハンブルクで開催される、「第19回ハンブルク日本映画祭」に、現地入りし参加致します。
昨年の第18回に引き続き、本映画祭に出展される澤口明宏監督の映画作品にて神馬が音楽を担当しました。
今回で二回目の参加になります。

さて、とてもビックリしたのですが、
先日公開されました公式サイトにて無料配布されております、公式パンフレットのPDF版を見てみるとその公式パンフレット内の8ページ目の一番下にて、ゲストとして神馬が紹介されています。
(ドイツ語なので、どんな風に紹介されているのかはよく分かりませんが)


現地入りする事は事務局に伝えておりましたが、まさかパンフレットに自分が紹介される事になるとは聞いていなかったので、僕も先程知ってビックリしました(笑)。

上記画像は昨年の第18回のドイツ・ハンブルクでの舞台挨拶の様子です。
今年もたくさんの想い出を作って帰国したいと思います。

【第19回ハンブルク日本映画祭 公式サイト】
https://jffh.de/

【公式パンフレットPDF版】
https://jffh.de/_Resources/Persistent/093ba97535f144ca48b2d428484094f096bd1fdb/JFFH%202018%20Programmheft.pdf

↓↓↓昨年2017年の映画祭のレポートは下記の記事にて↓↓↓
【【映画】ドイツ「第18回ハンブルク日本映画祭」にて出展・舞台挨拶を致しました】
http://jinmajinma.net/?p=1298


Featured Video Play Icon

【アニメ】「邪神ちゃんドロップキック」の劇伴音楽を栗原悠希と担当致します


公式サイトが公開されまして、情報が解禁になりました。
7月クールアニメ「邪神ちゃんドロップキック」(TOKYO MX、BSフジ、Amazonプライム・ビデオ、他)の劇伴音楽を、先日公開されたPVに引き続き、栗原悠希との共同制作(Cowrite)にて担当致します。

劇伴制作は既に進行中です。原作はかなり過激で且つユーモア全開の内容なので、制作を進めながら今からとてもワクワクしております。
また、何かお知らせ可能な情報が入りましたら都度告知致します。
宜しくお願い致します。

【公式サイト】
http://jashinchan.com/index.html


Featured Video Play Icon

【TV】テレビ東京 人形劇「フォーカード」劇伴アレンジ・演奏家コーディネートを担当致しました


4/1からテレビ東京さんにて放送開始されました、人形劇【フォーカード】にて、劇伴アレンジと演奏家・スタジオコーディネートを担当致しました。
劇伴アレンジは神馬チームとして、関向弥生、栗原悠希、志村絵麻らアシスタント勢と共に担当致しました。
神馬チーム全員で作る劇伴物は初になります。
人形劇というあまり珍しいジャンルですが、いざ観てみるとシュールで中毒性のある番組ですので、ぜひぜひお楽しみ頂けると思います。
宜しくお願い致します!!

———————
人形劇【フォーカード】
テレビ東京にて
毎週日曜 深夜3:05より

音楽:田中潤也
劇伴アレンジ: 神馬譲チーム(神馬譲、関向弥生、栗原悠希、志村絵麻)

演奏家コーディネート: 神馬譲
ヴァイオリン: 阿部美緒
トロンボーン: 石川智久
ドラム: 鍵山喬一
E.ギター・A.ギター: 下田雄人
アルトサックス・テナーサックス: 中村有里
E.ベース: 新沼 大典
トランペット: 村山 貴幸
(50音順、敬称略)

エンジニア:宮 吉忠
レコーディングスタジオ:Studio273

【公式サイト】
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/four_of_a_kind/


【ライブ】「Chachamaru Debut 35th Anniversary 聖誕祭 !」にマニピュレーターとして参加しました


3/3、下北沢GARDENにて行われたギタリストChachamaruさんによる「Chachamaru Debut 35th Anniversary 聖誕祭!」にて、神馬がライブ本番のシーケンスマニピュレートと、本ライブ用楽曲の一部のトラックアレンジ等を担当しました。


今回は、熱い熱いリハーサルから参加させて頂き、本番へ向かうボルテージをたくさん体感させて頂きました。


当日のマニピュレートセット。目の前はなんと菅沼孝三さんのドラムセット。目の前でドラム演奏が聴けるなんという贅沢な環境。


LOUDNESSの「二井原実」さんを始めとする、レジェンド過ぎるプレイヤー陣が集合して、後半には元JUDY AND MARYのドラマー「五十嵐公太」さんや、ギタリスト鮫島巧さんらも駆けつけ、そしてさらにまさかのサプライズゲストでGACKTさんまで登場し、GACKT JOBが集結、なんとも濃密なステージでした。
(ご本人は「GACKTではなく我苦豚(がくとん)だ」と仰っていましたが(笑))
こんな豪華な皆様とお仕事をさせて頂いて、本当に光栄です。


記念撮影、一枚目はChachamaruさんご本人と


二枚目はCHachamaruさん、「Ded Chaplin」(二井原実さん、菅沼孝三さん、永井敏己さん)、「スーパーセッションバンド“Lucious”」(YOUさん、サトさん、ばるさん)の皆様達と。

最高の体験でした。Chacahmaruさんお誕生日おめでとうございます!!